漫画の絵を上手に描くためには?

漫画が好きで自分でも作れないものかと考える方もいますが、
ストーリーが浮かんでも絵が下手では、表現不足となってしまうので、
漫画としては、失格ですよね。

では、漫画を上手に描くには、一体どうすればいいのか?

このサイトでは、絵を上手に描くコツやポイントなどを紹介していますので、
ぜひ参考にしてみてください。


絵を上手に描くには?

漫画と言ったら絵ですが、どのようにしたら絵が上手くなるのでしょうか?

絵が上手く描けない方って意外と多いですが、ただやたらに描いてもなかなか上手くは描けないものです。

もちろん、絵が上手くなる為には、いくつかポイントがあります。

これらポイントをしっかり押さえて練習しなければなりません。

では、ここでは、基本的なポイントを抑えておきましょう。

基本的なポイントには・・・

・考えて描く
・模写が大事
・最後まで描く
・人に見せる気持ちで描く
・堂々と描く
・感情を込める
・たくさん練習する


これらがあります。

では、それぞれ詳しく解説してきますね。

漫画の絵を上手に描くポイント!


考えて描く

はじめの考えて描くですが、なんとなく描くのではダメですね。

ある程度は、しっかりと考えて描くようにしないと上手にはなりません。

何がどこにあって、どのような感じで描けば良いのかを考えて描いていけば、
格段に上手くなっていくでしょう。


模写が大事

2つ目の模写をすることですが、これは基本中の基本で模写を続けることで、
絵は上手くなりますので、いろいろと参考にして描いてください。

ちなみに、見ながらではなく、見ないで模写すれば、より効果がアップするでしょう。


最後まで描く

3つ目の最後まで描くですが、納得いかないからと言って途中で止めないことです。

一旦、描いたなら最後まで描き上げて完成させることも上手くなる大切なポイントです。


人に見せる気持ちで描く

4つ目の人に見せる気持ちで描くですが、常に人に見せる気持ちで描くと、
良い絵が描けるようになっていくでしょう。


堂々と描く・感情を込める

そして、5つ目、6つ目のですが、下手でも良いので、堂々と描くようにして、
感情を込めるようにするのも上手くなるコツになります。


たくさん練習する

最後に、一番大事なことですが、
やはり何度も繰り返し絵の練習をすることが大事でしょう。

上手な絵を描きたいと思ったら、考えるよりも先に手を動かして描いてみてください。

何度失敗しても構わないので、描きまくること。

そうすれば、次第に自分には、何がダメで何がたりないのかが判っていきます。

以上が、絵を上手に描くポイントですが、
これらのことを参考にしながらたくさん描いていけば、
次第に上手くなっていくと思います。



Ads by Sitemix